中古車販売店は減少し続けているのに?真・ビジネス中古車販売正攻法

oldcar

>>公開は終了しました<<

中古車販売というと、広い敷地に中古車を並べて販売しているイメージがつきものですが、
年を追うごとに中古車販売数は減少を続けており、ガリバーやUSSなどの大手業者の寡占が
進んでいることから中古車販売店も減少が続いています。

地方では自動車が必要不可欠ですが、人口減少に伴って新車・中古車ともに需要が低迷して
いる一方、都市部では経済面の問題や「自動車離れ」が進行していることもあって慢性的な
低迷状態が改善する兆しはありません。

このようにマクロ的に見れば将来性が全く期待できない中古車業界に新たに参入するべきだ
と耳を疑ってしまうような主張をするのは境川大蔵さんです。

オンボロ車を海外に輸出して稼ぐのではないかと思ったかもしれませんね。

たしかに発展途上国では「日本車」というだけで、日本国内では値段がつかずに廃車にする
ようなオンボロ車でも次々と売れていきますから輸出で稼ぐのも一つの方法です。

しかし、境川さんは大手買取専門店が行っているビジネスモデルを個人向けにカスタマイズ
することで日本国内で完結させることに成功
しました。

具体的には、個人や法人などから不要になった車を買い取り、業者オークションやヤフオク
などに出品して差額を得る
という方法になります。

自動車についての専門知識がないと難しく思えるかもしれませんが、全く知らないというの
は論外としても、自動車整備士や中古自動車査定士などの資格を持たなくても運転免許証
中古品の売買に欠かせない古物商の免許を持っていれば十分です。

ビジネスを進めるにあたって必要な手順やノウハウは「真・ビジネス中古車販売正攻法」に
全て書いてあります。

このページの先頭へ