誰も知らない特殊な調達方法もわかる!資金調達実践ノウハウマニュアル

money

>>公開は終了しました<<

改めて説明するまでもないとは思いますが、ビジネスに欠かせないのが「資金」です。

資金がなくなって支払いが滞れば「不渡り」「倒産」と言った具合に企業活動ができなくなり
ますし、資金繰りが危ないといった噂が広まっただけでも、取引企業や金融機関は回収を急ぐ
ようになり、息の根を止められかねません。

経営不振が続いて改善の余地がないというのであれば、資金面で余裕のあるうちに自主廃業を
したり、企業ごと身売りをするというのも選択肢に入るとは思いますが、特に経営上の問題は
ないのにもかかわらず新規融資を断られたり、事業拡大をしたいのに資金不足で困るといった
ケースも少なくないものです。

特に中小・零細企業に対する金融機関の態度は冷淡になりやすく、不景気になると回収を急ぎ
たがるという傾向は、金融機関自身の経営もあるでしょうが、融資を受ける側からすれば悪魔
のようにしか思えないというのが本音ではないでしょうか。

そこで、「金融機関からの資金支援」コンサルティング経験を豊富に持つ五十嵐経営事務所の
五十嵐弘史さんは、事業計画書・中期経営計画・資金繰り書(キャッシュ・フロー)といった
「三種の神器」は当然ながら必要だとしても、ストーリーが必要不可欠だと指摘します。

穴埋め方式で書類に数字を入れてみたというだけの書類であっては全く意味がなく、サクセス
ストーリーを無理なく想像できるように書類を構成する必要がある
のです。

数字を無理矢理いじって「成功できる」といったところで、融資を行う側の金融機関としては
今までに嫌というほどに偽装や改ざんなどを見ていますから簡単に見破りますし、信用を失う
ことになり、過去の融資分を含めて回収・引き上げをされかねません。

新規融資であればブラックリストにのせられた挙句、今後の依頼も全て断られてしまう可能性
があるわけです。

そこで、正攻法から五十嵐さんしか知らないという「特殊な調達方法」まで、資金調達を行う
ために必要な知識とノウハウが学べるという、「資金調達実践ノウハウマニュアル」を五十嵐
さんが作成しました。

このページの先頭へ