アドセンスと同じ発想!Gyaku Tube

世界の人口は70億人を超えており、2015年に行った調査によるとインターネットに接続できる
人口は32億人となっています。

その中で日本語を話す人々は約1億1400万人と第6位につけていますが、中国語は8億5千万人で
トップ、英語は7億人で2位と、はるかに多くの人がいることがわかります。

単純に人口で比較すると、中国語が1位で13億7000万人、2位の英語が5億3000万人の倍以上と
なっていますが、中国国内でインターネットに接続できない人が多いのと、金盾をはじめとする
インターネット規制や検閲が日常的に行われていることから、中国国内で閉じたサービスを利用
するしか選択肢がない場合がほとんどです。

中国国内からYouTubeが見ることができないという規制が代表例といえるでしょう。

このため、YouTubeアドセンスで稼ぎたいと思った場合には、日本語ユーザーを相手にするより
も外国のユーザーを狙ったほうがいいですし、言論統制や規制などを考えると、中国語ユーザー
よりも英語ユーザーを狙ったほうが大量の再生回数を叩き出すことが可能となります。

しかし、英語を話すユーザーを対象に動画を作成すると言っても、日本人と文化も習慣も異なる
状況では、どのようなネタで動画を作ればいいのか分からないのではないでしょうか。

日本国内でトレンドになっているエンタメネタで動画を作っても、外国人からすれば無名もいい
ところですから、全くといっていいほど再生されません。

そこで役立つのが「Gyaku Tube」です。
1動画あたり1万円の報酬を十分狙えます。

「Gyaku Tube」では完全ホワイトな方法と、アカウント凍結のおそれがあるグレーゾーンに踏み
込んだ手法の2種類が学べます。

「防犯」のためにやってはいけないことを学ぶというのでも構いませんし、短期間で稼ぐために
アカウント凍結のリスクがあっても稼いだもの勝ちだと思うのであれば、積極的に取り組んでも
いいでしょう。どういう結果になったとしても自己責任です。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ