頑張り方を間違えるな!保険営業「成功の黄金律」

保険営業は離職率の高い業界の一つです。

同じ正社員でも、保険会社と代理店とでは待遇は全くと言っていいほどに異なりますし、業務
委託契約で個人事業主として働いている場合には、さらに悲惨な場合が一般的です。

コンビニなどのフランチャイズと同じですから、会社は成果を出さなければ1円も支払う必要
はありませんし、残業代という概念もありませんから、委託先が過労死しようが契約上は何の
問題もないわけです。

その上、さまざまな販促ツールを売って儲けることも可能な上、営業成績の悪い人は契約解除
で簡単に首を切れるといった具合に、会社側に非常に有利になっています。

もちろん、ムチだけでは業務委託しようと考える人は誰ひとりとしていませんので、正社員や
契約社員などと比べて高額の成果報酬を設定する「アメ」を与えることが一般的ですが、保険
自体が売れづらくなっていることから営業成績を上げることができずに、まともな金額を稼ぐ
こともできないままに挫折する保険営業が多い
わけです。

その一方、ほとんど仕事をしているように見えなくても、毎月のように営業成績は上位安定と
というトップセールスがいるのも事実
ですが、いったい何が違うのでしょうか?

セールスコンサルタントで保険セールス研究会の大倉誠代表は、一般的に言われるような努力
不足や作業量の少なさが原因などではなく、努力の仕方に問題があるケースがほとんどと指摘
します。

1日テレアポ100軒、飛び込み訪問50軒などといって量が足りないから契約が取れないなどと
努力不足が原因であるかのように指摘をすることが多いのですが、テレアポや飛び込みをする
中で無意識のうちにNG行動やNG言葉を発していたり、手順が不適切なために自らチャンスを
潰していることも珍しくありません。

そこで、大倉さんが数多くの保険営業を指導してきた中で感じた、最低限ここだけおさえれば
営業成績に悩むことはなくなるというポイントをまとめたマニュアル
を作成しました。

それが、保険営業「成功の黄金律」です。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ