内容が陳腐化して使えない?お宝カメラ・レンズの3つのリストセット

中古カメラ転売で稼げずに挫折する人が少なくありませんが、その多くが仕入れに失敗している
ことが原因で挫折しています。

古本や新品家電などの転売と同じように、商品名や型番を調べて転売益の大きそうな商品だけを
仕入れたらいいという短絡的な発想で失敗したり、中古品はクリーニングして出品すればいいと
いう考えで出品したのはいいけれど、落札者からクレームが来たとか、問い合わせが細かすぎて
答えられずに出品者としての評価が下がり続ける一方となり、挫折に追い込まれるケースが多い
のです。

そこで、中古カメラ転売を専業で取り組んでいる「田代涼平」こと喜多良助さんは、まずは利益
が出しやすいカメラ本体やレンズなどの商品名を覚えてから取り組むほうがいい
とアドバイスを
します。

おもちゃや家電、ホビー用品などとは異なり、短期間に次々と新商品が出るわけではありません
ので、商品名リストの内容自体が陳腐化するスピードは他ジャンルと比べても遅めですし、事前
に目安を知っておくことで、売れない商品を思わぬ高値で仕入れてしまうといった失敗を減らす
ことができます。

中古カメラ販売店やネットショップでリサーチや仕入れをしている際にも、この知識があるかで
大きく変わってくるものです。

そこで、喜多さんが何年にもわたって続けてきた中古カメラ転売の中で培った知識や経験をまと
めた「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット」を公開しました。

変化は少ないとは言っても全く変わらないわけではありませんので、時期によってリストの内容
に見直しが入っており、現在は年4回のペースとなっています。

「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット」ではリストを配布して終わりではなく、活用法を
説明したオンラインセミナー動画と仕入元となるネットショップのリスト
がついてきます。

さらには、月謝制の会員サービス「カメラ継続会員スペシャルコース」の30日間無料体験も用意
されており、この会員サービスに登録すればメールサポートが受けられますし、「お宝カメラ・
レンズの3つのリストセット」の更新版を無料で受け取れます。

更新版の「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット」を新たに買うよりも安上がりです。
もちろん、無料体験中に退会してもまったく問題ありません。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ