右肩下がりの業界でも生き残れる!不動産営業「虎の穴」

tora-ana

短期的には消費税増税、中長期的には人口減少に伴う大空室時代の到来が確実視されている
こともあって、不動産業界は将来性の低い業界だと言われることも珍しくありません。

不動産営業の離職率の高さは、あなたも勤めていれば十分すぎるほどに知っているとは思い
ます。

というのも、取引する商品の金額が大きいことから富裕層を相手にしなければ、ポンポンと
即断即決で買ってくれるようなことはありませんので、1件売り上げるだけでも相当な苦労
をしているのではないでしょうか。

売上が上がらなければセールスの立場は日を追うごとに弱くなっていくものですから、社内
では上司からの突き上げを食らう一方、他のセールスのように飛び込み営業や訪問営業など
の要領で売り込むこともできずに、どうすれば不動産物件を売れるのかと頭を抱えているの
ではないかと思います。

現地事務所やモデルルームなどで接客をしていても、お客さんからの反応が乏しかったり、
短時間で帰ってしまって、電話をかけても相手にされないといったことを繰り返していたり
すると、全く将来の見通しも立ちません。

そこで、不動産営業の元トップセールスで、現在は不動産総合アドバイザーとして独立し、
セールス戦略から営業教育まで幅広いコンサルティングを行っている森若博文さんが教える
不動産セールス手法を学んでみませんか?

2時間もあれば十分な不動産営業「虎の穴」を見ただけで、営業成績が劇的に向上できると
いっても全く信用できなくて当然でしょう。

営業研修をまともに受けたことがない人が少なくないでしょうし、2時間程度の勉強をした
ところで成果が出るわけがないというのが普通の感覚というものですから全くおかしくない
わけです。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ