レスポンシブデザインの落とし穴とは?マルチトランスファーシステム

mts

あなたが運営するWebサイトやブログへのアクセスは、どの程度ありますか?
また、パソコンや携帯電話、スマホなど、アクセス元端末の内訳はどうなっていますか?

アクセス解析を入れていないからわからないとか、アクセス解析を入れても細かく見ていない
から知らないというのは論外だとしても、パソコンだけ、スマホだけといったサイトは非常に
少なくなっているものです。

割合はWebサイトやブログによって異なるとは思いますが、パソコンやスマホ、ガラケーなど
といった具合に、多種多様な端末からアクセスが集まっているのではないでしょうか。

あなたのWebサイトやブログがどのように見えているのか意識したことはありますか?

アメブロやライブドア、FC2やseesaaなどの無料ブログであれば、スマホ向け・パソコン向け
と自動的にレイアウトを変えて表示してくれますし、Wordpressなどでもプラグインを入れる
ことで対応したり、レスポンシブデザインを採用したテンプレートを使えば可能です。

特にWordpressのWPtouchプラグインやレスポンシブデザインを使えば簡単にスマホ・携帯に
対応できることもあって、あなたも利用しているかもしれませんが、大きな落とし穴が潜んで
いることを忘れてはいけません。

それはコンテンツが全て共通だという点です。

これこそがメリットだという人もいますが、少なくともアフィリサイトにおいては、スマホで
情報量が非常に多いパソコン向けサイトを見せることで、離脱率が高まるというデメリットが
ありますし、アフィリリンクによっては無効になるケースも出てきます。

コンテンツ管理という点では煩雑になるためにマイナスだという人もいますが、離脱率を低下
させて成約率を上げるために、パソコン向け、スマホ向け、ガラケー向けと別々の内容にして
おいたほうが無難
です。

アクセス元の端末によってURLを振り分けるツールというのは従来から存在していますが、
レスポンシブデザインの普及にともなって開発が終了しており、不具合が起こっても全く対応
されないケースも少なくありません。

そこで役立つのが「マルチトランスファーシステム」です。

PC・スマホ・ガラケーだけでなく、必要であれば携帯キャリアごとにサイトを振り分けること
もできますし、アンドロイドスマホとiPhoneで振り分ける事も可能です。

さらにはアフィリリンクを置き換えることで、広告管理も簡単にできます。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ