今日から使える!デイサービス生活相談員業務マニュアル

dayserve

デイサービス生活相談員の業務は多彩です。

家族の話、ケアマネの話を聞いて、デイサービス利用者と密接に関わって、パソコンで書類作成
するだけの簡単お気楽ビジネスなどと揶揄する人もいますが、場所と立場によって全く異なると
いうのが現実です。

ブラック化しているところでは、相談業務よりも介護実務のほうがメインであり、デイサービス
利用者や依頼者とは形式的な相談をする程度の時間しか取れず、サービス残業で書類作成や整理
をするといったケースが珍しくありません。

まともな業務マニュアルもなく、その都度、対応をしなければいけないといったことの繰り返し
で、イレギュラーな出来事やトラブルが頻発して混乱気味といったところも多いようです。

当然ながらクレームが来ても人手不足で店晒しになったり、他の業務を止めて対応することから
更に無給の残業時間が伸びるだけといった悪循環に陥っているのではないでしょうか。

デイサービス生活相談員らしい相談業務に特化した仕事ができている人は、富裕層向けの高額な
料金を取っている施設に勤めていたり、デイサービス利用者が少ない開店休業状態の施設などの
一部に限られているというのが実態です。

大田区通所介護事業者連絡会が出しているデイサービス生活相談員業務必携はアマゾンや書店で
購入することができ、他に似たような書籍がないこともあって購入者からの評価も高いのですが
介護福祉士で介護支援専門員の中島貫行さんは内容に具体性が欠ける部分があると言います。

特にデイサービス未経験者からすれば、概要的には理解できたとしても、実務でベテランと同じ
ように仕事ができるかという点では難しいのではないか
というわけです。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ