正しく煽って成約させるマーケティングをマスター!扇動三部作セミナー

sendo

「煽って商品を買わせる」というと、催眠商法などの悪徳商売や詐欺を連想するものですが、
悪徳とは全く無縁のメーカーや飲食店などが行っている限定販売なども、この「煽って売る」
というスタイルを採用していると言ったら驚くかもしれません。

限定販売というのは、お客さんが強烈に欲しくさせるためのテクニックの一つですが、他にも
数多くの手法がありますし、「煽り」を正しく使いこなせるようになれば、ありふれた商品で
あっても、見込み客の購入意欲を限界まで高めることが可能になります。

もちろん、無価値なものを煽って高額な値段で売ってしまっては、悪徳商人や詐欺師そのもの
ですから、信用を失っては元も子もないわけですが、同じ商品を売っているライバルではなく
あなたから買わせようと思うのであれば「煽り方」を知っていたほうが有利
なわけです。

といっても、煽って売ること自体が詐欺や悪徳商法を連想することもあって、白い目で見られ
やすいことから、なかなか学習する機会さえないというのが実態です。

それこそ、詐欺師や悪徳商人から手取り足取り教わると言った本末転倒なことをしないと学ぶ
チャンスさえ得られない
という状況なのです。

株式会社GRASPの濱田大輔さんは、ネットビジネスにおいて「煽り」を有効活用することで、
見込み客をライバルから奪い取ることに成功していますが、そのポイントとして以下の4点を
あげています。

  • 注意をひきつける
  • 選択肢を限定する
  • 感情を揺さぶる
  • 不安をぬぐい去る

その具体的な方法を説明した「扇動三部作セミナー」が収録されて動画で公開されています。

より良い商品やサービスを広めるために正しく販売のテクニックを活用することがWIN-WIN
の関係をお客さんとともに構築するためには欠かせないのです。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ