本部の思惑に振り回されるな!コンビニ経営支援プロジェクト

convini

>>公開は終了しました<<

コンビニ経営者の二極化が進んでいます。

一人で何店舗も運営し、アルバイトに日頃の店舗運営を任せながら、必要最低限の労働で
何千万円も稼ぐコンビニオーナーと、ジリ貧でバイトを雇う金もなくなりオーナー自身が
ただ働きに限りなく近い長時間労働に陥っているというケースです。

あなたはどちらのタイプのコンビニオーナーですか?
残念ながら後者の「負け組コンビニオーナー」ではないでしょうか。

最近だと、フランチャイズ潰しのために本部直営店がオーナー店舗の近くに新規オープン
するといった「嫌がらせ」
も増えているといいますし、本部の言いなりになってさまざま
な施策に振り回された挙句に借金ばかりが増えていくというケースも増えています。

コンビニ本部は直営店の売上だけでなく、フランチャイズからのロイアリティが主な収入
源ですから、直営店を重視してフランチャイズを軽視する傾向は今後も続きます。

フランチャイズ店の売上の一部もコンビニ本部の収入にはなりますが、直営店の方が高い
利益が得られるわけですから、売れているフランチャイズ店の目と鼻の先に直営店を新規
オープンさせるといったことも平気でするわけです。

要するに、生かさず殺さずフランチャイズ店舗をほそぼそと続けさせるのがコンビニ飽和
時代においては最適な戦略だといえるのです。

そこで、コンビニ経営支援プロジェクトの里見智忠さんが、一見すると不利だと思われる
フランチャイズコンビニで大儲けできる経営ノウハウをマニュアルにまとめました。

あなたも何となく想像がついているかもしれませんがコンビニ経営がコンビニ本部の言い
なりにならないほうが利益が上がるという本末転倒なビジネス
だと言ったら、驚くのでは
ないでしょうか。

もちろん、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート等といったコンビニブランドや
商品など、契約で揃えなければいけない部分に関しては言いなりになるしかありません。

しかし、コンビニの会計システムを熟知して、コンビニ経営で「利益を出せない」致命的
な欠点を克服すれば、だれでも簡単に収益を大幅に改善することができるのです。

このページの先頭へ