1億円を1年で稼ぐ方法は「稼いでいる人」から学ぶのが最適!1億円の公式

1oku-ksk

サラリーマンの生涯賃金は2億円とも3億円とも言われていますが、あくまでも、大卒・院卒で
年功序列型の賃金制度を採用している大企業に入社して、定年まで転職することなく勤め上げた
場合を想定しており、現代の状況からすれば非現実的な前提だと言わざるを得ません。

たとえ、大卒で入社して同じ会社で定年まで勤め上げたとしても、地方の中小企業であれば生涯
賃金が1億円を割り込むことも珍しくありませんし、転職経験があれば更にマイナスです。

月給15万円でボーナスなし、昇給なしといったケースは地方の中小企業では珍しくもありません
が、部長レベルでも年収400万円いけば上出来ですから、生涯賃金が1億円を超えるかどうかと
いうレベルです。

年収200万円でも40年間働いて8000万円ですから、賃金格差が大きくなるのも当然です。

当然ながら、派遣社員や契約社員、フリーターなどの場合には生涯賃金が億どころか千万単位に
まで割り込むことは言うまでもありません。

その一方で、ビジネスオーナー、つまり経営者になって年収(厳密に言えば給料ではありません
が便宜上年収とします)1億円を超える人も少なくありません。

しかし、このような成功者は例外中の例外であって、失敗すれば膨大な借金に一生苦しめられる
のだから、起業するのはオロカモノのすることだといった考え方が一般的です。

確かに起業するにあたって膨大な資金が必要になる事業が大半ですから、失敗した時には莫大な
借金だけが残るケースが多いのですが、部下を雇ったり莫大な初期投資を用意しなくても、一人
だけで1億円以上を稼ぎ出せるビジネスが存在する
としたら驚くのではないでしょうか。

5万円の初期投資で一人で1億円を稼いだと言ったらどうですか?

疑う気持ちのほうが先に出るとは思いますが、あくまでも現実の話ですし、詐欺のような違法な
稼ぎ方ではなく、原発作業員や死体洗いのような違法ではないが嫌われる仕事でもありません。

もちろん、成功しなかったとしても、サラリーマンであれば遊んでいた時間を無駄にした程度の
損失であって、経済的な損失は皆無に近い
といったビジネスであれば、チャレンジしてみたいと
思うでしょう。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ