あえて本せどりに取り組むメリットとは?本せどりパーフェクト戦略

honsedo

>>公開停止中です<<

せどり」の代名詞とも言われている「古本転売」ですが、一昔前までのようにブックオフを
まわっていれば簡単に転売で稼げる本を仕入れられる時代は終わりました。

「せどりは稼げる」ということで多くの人が参入した結果、古本の数自体は大きく変わらない
こともあって、何店舗まわっても思い通りの仕入れができず苦労している人が増えています。

その上、バーコードリーダーを使った「ビームせどり」を禁止した店舗が激増していることも
あって、仕入れの効率が飛躍的に悪くなったと嘆く人が少なくありません。

このため、古本せどりは稼げないからと見切りをつけて、別の商品の転売をしたり、さっさと
諦めてしまう人も出てきているという状況です。

これから古本せどりをするなんて愚の骨頂だとバカにする人もいます。

しかし、工藤尚さんはブックオフ等で仕入れてamazonに出品して差額を稼ぐという一般的な
方法ではなく、全く別の方法で取り組むことで、巷で言われているような「せどりオワコン」
などといった声を全く気にせずに、今でも月数十万円単位の稼ぎを短時間で得ています。

いったい、どうやって工藤さんは古本せどりで稼いでいるのでしょうか。

仕入れは手早く簡単に済ませるのはもちろんのこと、多種多様な調達ルートを知っていること
が重要です。

ブックオフや他の古書店しか知らないというのであれば、ひたすら全国各地の店舗をまわって
仕入れるしかありませんから、それこそくたびれ儲けで終わることも多くなりがちです。

他の調達ルートを知っていれば、そこもチェックすることで簡単に仕入れが終えられるのにも
関わらず、延々と古書店巡りをする時間的ロスというのは蓄積すると大きなものです。

あなたはAmazonFBAよりも安価な代行サービスが存在していることを知っていますか?

代行などを使わずにコスト削減のために全て自分で取り組むというのであれば、別にそれでも
構いませんが、どうしても時間は有限ですから稼げる金額に上限が出てしまいます。

代行分のコストが掛かったとしても、利益額が大幅に上回れば余裕で回収できるということを
知っておくだけでも大きな違いが出てきます。

このページの先頭へ