あなたの営業人生がバラ色に変わる!飛び込み営業・訪問営業マニュアル

sales

新規開拓のための訪問営業や飛び込み営業は、
足で稼いでナンボ
といった考え方が今でも支配的です。

もちろん、会社などで手当たり次第にテレアポ営業を行って、了解が得られた客先に訪問する
というセールス手法もありますが、次から次へとオフィスや個人宅をまわってセールスを行う
というのが一般的でしょう。

朝から晩まで飛び込み営業や訪問営業を続けてもダメなときは全くダメですし、調子のいい時
だと面白いように契約がとれたりといった結果になることもあると思います。

しかし、次から次へと断られ続けるというのは、ある程度なれてしまえば大したことはないと
言っても、精神的ダメージは決して小さくありませんから、気弱で神経の細い人には耐えられ
ないのではないでしょうか。

最初のうちは、親族から始まり、知人・友人など、あらゆるコネクションを使ってセールスを
行うことで、それなりの営業成績を上げることもできるでしょうが、人脈を使いきってからの
新規開拓が全くできずに辞めていく
というケースが大半です。

その結果、朝から晩まで罵声を浴び続けても、何事もないようにニコニコし続けられるという
精神的に図太い営業員だけが生き残るというわけではありませんが、トップセールスを見ると
共通点が存在する
と指摘をするのは株式会社グランディールの藤本伸也さんです。

もちろん、精神的にタフであったり交渉が旨いといった、誰もが考えそうな要素も皆無だとは
言いませんが、全く売れなかった訪問営業や飛び込み営業を次々とトップセールスに「変身」
させることができたという藤本さんの実績
をみれば、正しいとは言えませんよね。

藤本さんは、アポ数や誠意・努力といった意味のないことはすっかり忘れて「営業の本質」を
知って実践することが重要
だといいます。

その営業の本質というのが「自分自身を理解すること」だといったら驚くかもしれません。
もちろん、なにか胡散臭い自己啓発セミナーに参加しろといった話ではありません。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ