プレミア商品の独占販売で大稼ぎ!次世代型せどり転売メゾット

nextsedo

一般的には難しいことであっても、特定の状況にしぼってしまえば簡単に実現できるケースは
意外に多いものです。

例えば、商店さえ全くない過疎地では移動スーパーが重要な購買手段になりますが、購入者が
少ないこともあって赤字のところも少なくありませんが、ライフラインという自覚もあって、
今でも仕方なく続けているというのが実情です。

その一方で、契約形態や販売ルートなどを工夫することで地域の独占販売という立場をキープ
しながら見事に黒字化に成功するケースも徐々に増えていますし、大手チェーンも移動販売に
参入していることもあって、やり方次第ではチャンスがあるわけです。

話は変わりますが、競争が激化して稼ぐのが難しくなったと言われるヤフオクでの「せどり」
においても、同じように工夫次第で稼げるようになることは可能
だというのは、自称「次世代
せどりエイター」のLeo(レオ)さんです。

簡単に言えば、プレミア商品化している中古CDを全て買い占めて、あなたが再出品することで
好きな価格で出しても面白いように売れていくという方法を「次世代型せどり転売メゾット
というマニュアルにまとめたのがレオさんです。

ヤフオクとamazonの両方を買い占めてしまえば、ほぼライバルがいなくなりますので、先行
投資と割り切って仕入れることが重要です。

また、すでに相場を超えているような非常識な価格で出品している人がいれば、その人だけ
無視して、一定価格以下に絞り込んで全て買うという作戦も可能ですから、出費を抑えるの
には効果的でしょう。

例えば、ある中古プレミアCDが平均10000円で合計10枚出品されたとすると、あなたは10枚
全てを落札し出品者が一人もいなくなった状態にして、改めて1枚2万円で出品すれば、10枚
全てが売れれば、手数料などを除いた単純計算で10万円の利益になります。

1枚1万円でも2万円でも欲しいというファン心理を「有効活用」しているわけです。

3万円にすれば1枚あたりの利益は2万円、10万円にすれば・・とキリがありませんが、いくら
ファン心理が強くても、1枚1000万円、1億円といった非現実的な価格で出品すれば、落札が
されないのも当然でしょう。

ものには限度というものがあり、どこまで釣り上げるかはさじ加減が求められます。

もともとプレミア価格の中古CDを仕入れているわけですから、出費もそれなりにしていると
思いますので、売れずに在庫になってしまえば大赤字は避けられません。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ