年間1000件以上で就職成功率85.4%の実績!子育てママの就職バイブル

kosodate

>>公開は終了しました<<

育児休暇の重要性が強調されるようになってきました。

大企業であれば数年間にわたって休んだとしても職場復帰出来るだけの余裕があるものですが
零細企業ともなれば希望者に育児休暇をさせていたら会社が回らなくなって倒産してしまうと
いったところも少なくありません。

2ちゃんねるやヤフコメなどでは、そんな企業は存在価値無しと切り捨てられるものですが、
実際に該当する全ての企業を倒産させると失業率は20%は上昇するといった調査もある事から
現実的な話とも言えません。

もちろん、育児休暇を認めない企業においては出産前に退職するのが不文律ですから、出産後
に働きたいと思ったのであれば、改めて仕事を探す必要が出てきます。

出産前まで勤めていた会社に応募すれば再び雇ってもらえるかもしれませんが、確実に再雇用
されるわけではありませんし、既に別の人を採用したから採用枠がないといって断られる事の
ほうが多いのではないでしょうか。

また、子育てと仕事を両立させようとすると、どうしても勤務時間などの条件が厳しくなる事
もあって、いまだに露骨に嫌がるところも少なくありませんし、フルタイムで働くのであれば
保育園だけでなく託児所なども探さなければいけませんから大変です。

パートタイムでも日中は保育園などに預けることになるでしょうから、待機児童の多い地域で
あれば更に厳しい状況に追い込まれてしまうものです。

そこで、キャリア・コンサルタントで産業カウンセラーの美咲朱里さんが年間1000件以上の
相談を受けながら就職成功率85.4%という実績を叩きだした実績をもとに、あなたが子育てを
しながら仕事を見つけるための具体的な方法を教えるマニュアル
を作成しました。

それが「子育てママの就職バイブル」です。

美咲さんは数多くの相談を受けてきましたが、その結果を分析すると就職に成功した人と失敗
した人の違いは紙一重の違い
でしかないと言います。

いったい、どういうことなのでしょうか?

このページの先頭へ