単価が安いというのは嘘なのか?稼げる!テープ起こし実践講座

tape

一般的にテープ起こしの相場として、1時間分の音声を文字にするために1万円前後は必要だと
いわれています。

当然ですが、1時間分の音声を文章にするのに1時間で完成することはできません。

慣れた人でも5時間程度は必要だと言われており、初心者のうちは更に時間がかかります。
それこそ数日かかることも珍しくないといいますから、時給換算すれば、最低賃金さえ下回る
ケースが当たり前といった状況です。

その上、常にテープ起こしの依頼者がひっきりなしにやってくるといったこともなく、忙しい
時もあれば暇な時もあるという具合に仕事量が安定しませんので、報酬も上下が激しくなると
いうわけです。

テープ起こしのベテランでも月100万円を超えるような事はありませんし、月10万円でも相当
な苦労が求められます。

その結果、バカバカしくてやっていられないということで止めていく人が多いのです。

その一方で、在宅ワークの中では作業量に応じた報酬が受け取れるという点で、細切れ時間を
有効活用するという点で、親の介護の合間などにも取り組めますから、まとまった時間パート
に出られないような主婦などには人気がある仕事です。

そこで、在宅でテープ起こしの仕事を10年以上行っているという主婦の市木友子さんが全くの
未経験者であっても無理なくテープ起こしのスキルを高めることができるだけでなく、実際に
仕事を受注して稼ぐためのノウハウをまとめたマニュアルを作成
しました。

それが「テープ起こし実践講座」です。

最初のうちは、テープ起こしを業務としている会社に在宅ライターとして登録しておき、よさ
そうな案件を引き受ければ、仕事が無くて暇だといった心配はなくなります。

しかし、途中に業者が挟まることであなたが受け取る報酬は安くなりがちですから、ある程度
仕事に慣れてくれば、あなた自らが依頼者からの案件を直接受け取ることで報酬を増やせるの
ですが、その分だけ責任が重くなりますから、闇雲に直で引き受けるのは危険です。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ