正社員のメリットを活かして年収1000万円以上のエリート会社員になる方法

elite

「社畜」や「会社人間」などと馬鹿にされることが多い会社員ですが、アルバイトやパート、
派遣や契約社員と違って「正社員」には大きなメリットがあることを忘れてはいけません。

もちろん、中小・零細規模のオーナー企業やブラック企業に勤めていれば、正社員であろうが
労働基準法などはあってないようなものですから、無給どころか休みなく働いた挙句に罰金を
取られるといった状況のところも少なくありません。

給料はあっても、遅配・無配で実質的にあってないような状態の会社も珍しくありませんので
そんな会社で正社員だといったところで何の役にも立たないことは明らかです。

その一方で、大企業や公務員になれば「正社員」という言葉のメリットを額面通り受け取れる
わけですが、誰もが入れるわけではなく、ごく一部のエリート層を除けば無縁の話だと思って
諦めているのではないでしょうか。

しかし、「69星」さんは、「好きな会社」に勤めて「行きたい部署」で「やりたい仕事」を
「好きな人」としながら、年収1000万円以上を目指すことは可能
だと言います。

あなたの現状から考えると、余りに非常識な内容に驚いたのではないかと思います。

零細企業で人事異動がないのに、好きな部署に動けるわけがないという状況かもしれませんし
そんな会社に転職したくても今の職歴や学歴では門前払いをされるのがオチだから不可能だと
思って諦めているかもしれません。

もちろん、今日から行動を起こして明日には達成できるほど簡単な話ではありませんが、69星
さんは早くて1年、遅くても2年あれば達成可能な目標だと断言します。

あなたがエリートどころか劣等生もいいところだったとしても問題ありません。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ