本能に囁いて有無を言わさず購入させる文章が書ける!一筆両断「裏」

ura

>>公開は終了しました<<

売りたい商品が売れずに困っていませんか?
アフィリエイトやドロップシッピングなどでも構いません。

「欲しい人に欲しい商品を売る」という正攻法だけでは売れない時代ですから、欲しくない人や
逆に反感を持っているような人は別として、今すぐ欲しくはなくても興味や関心を持っている人
を集めて購入意欲を高めて売る手法
を取ることは珍しくなくなりました。

しかし、見込み客から購入客に変えるというのは簡単ではありませんから、理論的に説得すると
いうよりも購入意欲を感情的に高めるアプローチを用いるほうが短時間で効率的に売上が上がる
ということで積極的に活用されています。

この購入意欲を感情的に高めるという方法を最も極端な方法で行っているのが詐欺師や悪徳商人
ですが、誰もが必要としない無価値な商品を高額な値段で売ろうとするわけですから悪い意味に
おいても「洗練」されていないと売れないわけです。

もちろん、普通のまっとうな商売をしている人が悪徳商法そのものの売り方をすると、イメージ
ダウンにつながるのは確実ですから、もっとマイルドな方法で取り組んでいます。

コマーシャルや宣伝、広告などで商品に対する知名度を高めたり、好感度や興味を刺激するのは
当たり前として、初回出荷分を絞り込んで品薄状態を演出したり限定版を出すといったケースも
増えています。

そこで、(株)MTSコピーライティング事業部責任者のMr.Yさんが、極端なことを言えば、購入
意欲が全くない人であっても「本能」に囁くことで買わせてしまうという、非常に強力なコピー
ライティング手法をまとめたマニュアルが公開しました。

それが、一筆両断「裏」ですが、東日本大震災を始めとした多くの自然災害が発生した2011年に
発売が開始されて以降ロングセラーを続けているのは、高い効果があるからこそなのです。

一筆両断「裏」は人を騙したりするものではありませんが、信頼を勝ち取るという点で悪徳商法
からでも学べる部分もある
というわけです。

このページの先頭へ