西成あいりんから脱出できた理由がわかる!ヒルズ土屋セミナー動画コンプリートパッケージ

hilstuti

>>公開は終了しました<<

大阪府民であれば毎度のことだとは思いますが、西成区あいりんといえばホームレスが路上に
あふれてスラムが広がり、裏稼業、違法ビジネスが蔓延しているエリアとして有名です。

東京で言えば山谷、横浜で言えば寿町といったところですが、現在はネオヒルズ族として活躍
している「ヒルズ土屋」こと土屋博嗣さんも、20代には西成某所に「住んでいた」といいます
から、文字通りの一文無しの状態だったことがわかると思います。

ドヤのようなボロアパートには住めていたといいますが、派遣の仕事をしながら、小銭を稼ぐ
ため、西成に溢れかえっているゴミを拾って新今宮駅周辺で路上販売するのではなくヤフオク
などに出品するというのは、せどりとして高値で売れる可能性があるという点で有望ですが、
それでも大金は稼げません。

そこで、一文無しからでも始められる方法として土屋さんが取り組んだのは「広告ビジネス」
からはじめて「インフォメーションビジネス」に拡大するという流れ
です。

確かに、あいりんを歩いていればゴミがいたるところに転がっていますから、無料で仕入れが
できますが、せどりビジネスは作業効率という意味では限界があります。

その一方、「広告ビジネス」の中で知名度の高いアフィリエイトであれば0円から始められる
だけでなく、稼げるようになれば外注やツールなどを用いることで効率的に作業ができるよう
になるだけでなく、自動販売機のように常に販売できる状態になっているのがメリットです。

販売数に制限はありませんから、せどりであれば1個の売上しか立てられなくても、アフィリ
であれば10個、100個と、広告主が否認しなければ、停止するまでいくつでも報酬が得られる
ということになり、レバレッジという点で全くと言っていいほど異なるわけです。

その後、ノウハウ化して情報商材として販売すれば更に稼げますから二度美味しいわけです。

そこで、土屋さんが「広告ビジネス」から「インフォメーションビジネス」に拡大する流れを
詳しく解説したセミナーが動画として公開されました。

この「ヒルズ土屋セミナー動画コンプリートパッケージ」では、以下の2点について説明して
います。

  • ブログセミナー
  • インフォビジネス構築セミナー

このページの先頭へ