新聞記者が教える!マスコミから取材される確率を0から99%に高めるセミナー

syuzai

>>公開は終了しました<<

テレビや雑誌などのグルメレポートなどを見ればわかるように、マスコミに取材されることで
集客効果が高まることは言うまでもありませんし、注目度も劇的に向上
します。

お金を払って広告や宣伝をしてもらうのではなく、マスコミから「取材」という形で来るわけ
ですから基本的には無料です。

飲食店であれば、材料費や取材時間中の人件費や機会損失などがコストになると思いますが、
取材による広告・宣伝効果を本来の広告・宣伝で補おうとすれば莫大な費用がかかりますから
圧倒的に利益になることは言うまでもありません。

もちろん、マスコミからの取材対象というのは飲食店だけに限った話ではなく、個人サロンや
個人商店レベルのスモールビジネス、NPO法人やサークル活動などにも当てはまります。

NPO法人や市民団体の中にはマスコミ取材のノウハウを豊富に蓄積しているところもあります
が、あなたは知らないからこそ効果的な方法を探し求めているのだと思います。

元読売新聞記者で、現在はウェブメディアで記事を執筆したり、ウェブメディアだけでなく、
既存のマスコミも含めた活用法を指導しているという坂本宗之祐さんは、マスコミへの「伝え
方」が間違っているために多くの人がマスコミからの取材を受けるのに失敗している
と指摘を
します。

例えば、取材をしてもらうために用いる方法の一つとして、プレスリリースを新聞社や放送局
などに送るというのは珍しくありませんが、全く反応がない状態が続いているところは珍しく
ありません。

坂本さんは、プレスリリースを送っても全く反応がないというのは、取材に値しない活動内容
だったり取材する価値が感じられないからマスコミから無視されているというわけではなく、
伝え方に問題があるからこそ、他に数多く送られるプレスリリースに埋もれてしまっただけ
と説明します。

毎日、大量にプレスリリースがマスコミ宛に送られてきますから、ライバルに打ち勝つように
伝えなければ、取材をしてもらうことは不可能です。

このページの先頭へ