一個人がネットで文章を書いて稼ぐ方法「アナザーバリュー」

anotherv

>>公開は終了しました<<

資金力のある企業や個人の場合、その担当者のライティングスキルが低かったとしても、全く
問題ありません。

お金を出して、デザイナーやライターを雇えばいいからです。

その一方で、個人がアフィリエイトや情報起業に取り込んだり、ネットショップで商品を販売
するなどの場合、ライターを外注するだけの資金が用意できないという人も多いですし、自ら
文章を書いても反応が全くないといったケースがほとんどです。

あなたもいろいろと他のサイトの文章を研究・分析したり、コピーライティングの勉強をして
きたとは思いますが、成約率が全く上がらずに困っているのではないでしょうか?

10年以上にわたりネットビジネスの世界で稼ぎ続けてきたという寺本考志さんは個性や独創
性を持った記事を、あなたがビジネス的に書けるようになることが重要
だと指摘します。

「個性」や「独創力」といったところで、何のことやらと思ったのではないでしょうか?

そんなことよりも、詐欺師や悪徳商人が得意とする購入意欲を高めるための人間心理の操縦法
や、売りたい商品に関する専門知識を持っていないとネットビジネスで稼ぐのは無理と考えて
いるのではないでしょうか?

あなたも、自分が知らない商品を売り込むなんて詐欺もいいところだといった意見に納得して
いるのではないかと思います。

また、キーワード戦略をしっかりとできるようにならないと文章力だけ高めても意味が無いと
いった考え方の人も少なくありません。

「個性」や「独創力」がないとインターネットで赤の他人が財布の紐を開いて購入する事など
不可能だと寺本さんは断言しています。

このページの先頭へ