被リンクは無価値というのは間違い!リンクロ

linkro

コンテンツSEO」の重要性が改めて指摘されています。

サイト訪問者に無価値なコンテンツを提供したところで意味が無いことは、ネットビジネスに
限らず常識ともいえますが、いまだに数多くの無意味なサイトやブログが氾濫していることも
また事実です。

しかし、多くの人が勘違いしているのはコンテンツSEOだけしていれば十分という発想です。

結論から言えば間違いであって、google担当者が公表しているように今でも被リンクの価値を
検索順位判定においては重要視している
からです。

従来と異なるのは、「権威のあるサイト」から被リンクを送れば上位表示されるという単純な
発想は通用しなくなっただけでなく、ペンギンアップデートなどでペナルティを逆に課される
という結果になるケースが増えるなど、被リンクの質が求められるようになった点です。

低品質な被リンクを大量に集めるよりも、高品質な被リンク1本のほうが価値が高くなること
も知られていますが、そのような被リンクを得るには「中身のあるサイト」でないと難しいの
が現実ですから、コンテンツSEOが重要だという人が増えたわけです。

とはいえ、特にネットビジネスのWebサイトやブログを構築するにあたって中身のあるサイト
を作りたいと思っても、ジャンルによっては不可能に近い
ことも珍しくありません。

あなたがサイト訪問者に役立つオリジナルサイトを幾つでも作れるのであれば、それはあなた
の才能ですから、どんどん役立てるといいでしょう。

しかし、自分ではオリジナリティあふれるサイトだと思っていても、第三者からは同じような
サイトにしか見えないケースが一般的です。

レビューサイトや体験サイトも増えていますし、口コミサイトは大手が寡占状態にありますの
で、新規参入してもアクセスが集まらないケースがほとんどです。

その上、機械的に量産したようなサイトが相変わらず毎日大量に生まれていますから、簡単に
あなたが作成したWebサイトが埋もれる状況だということは、検索順位がなかなか上がらない
ことからも実感できるのではないでしょうか。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ