占い方を数多く身につけても意味が無い!占い師になる!36時間プログラム

uranai36

「占い師」として成功するためには、高度な占いスキルを身につけなければいけないと思って
いませんか?

豊富な知識を持ち合わせていることで、どのようなケースでも適切な占いができるようになる
といった誤解をしている人が多いのですが、占い師のおかの佑香さんは否定します。

「それをどう活かすか?どう伝えるか?」のほうが、占い方をいくつも覚えるよりも重要だと
いうわけです。

評価の高い占い師であっても、知識として複数の占い方を身につけている人もいれば、手相や
タロットといった具合に、ひとつの占い方しか知らないという人もいますし、経験値は多いと
しても知識量だけを比較すれば大したことがないという人も意外に多いものです。

語弊があることは承知のうえで、大した知識も持ち合わせていない占い師が「カリスマ」など
として評価されるというのは、相談者の悩みを的確に解決できる占いができるからです。

つまり、占いを効果的に活用した「カウンセリング」が優れているからだと言えるのではない
でしょうか。

普通の心理カウンセラーが「占い」を元にカウンセリングをするといったら非科学的だという
ことで信用を一気に失いますが、占い師であれば「占い」を用いるのは当然ですから全く問題
ないどころか、逆に相談者の信頼を勝ち得ることさえ可能になるのです。

あなたが占い師になりたいと思っているのであれば、占いの技法を身に付けるのはもちろんの
こと、相談者の悩みを解決して最適な形で導くことができるようになる必要があります。

占い師になる!36時間プログラム」は「九星氣学」を使って合計36時間の在宅学習で占い
師になることを目的に作成された学習教材です。

技術面はもちろんのこと、実際の鑑定例を通じて相談の信頼にこたえられる占い師になるため
のノウハウも学ぶことができます。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ