仕入れルートを多様化できる!古本買取サイト運営マニュアル

kaitori

>>公開は終了しました<<

かつては、古本の仕入れといえばブックオフなどの古書店でリストを片手にお目当ての本を探し
たり、ビームせどりで価格差の大きな本を探すのが定番でしたが、せどらーの増加だけでなく、
バーコードリーダーの使用を禁止する店舗が増えていることから仕入れが難しくなっています。

ネットオークションやネットショップから商品を仕入れる電脳せどりもツールが普及したことで
クリックするだけで転売益の大きな商品を見つけられるようになったことから、めぼしい古本は
既に売り切れていたり、入札者が多いために仕入れ値が高騰するという問題が起こっています。

その結果、思い通りに古本を仕入れることができず、古本せどりをやめてしまうという人が増加
しているのですが、あなたも仕入れがうまくできずに不安を抱えていたり、撤退しようと思って
いるのではないでしょうか。

そこで、池野洋介さんが提案するのが「古本買取サイト」です。

しかし、ホームページを作成して古本買取を呼びかけたところで、希望者が現れることは滅多に
ないでしょう。

ネット詐欺師が蔓延している状況において、どこの誰だか分からないような相手に売ろうなどと
考える奇特な人は、ネットリテラシーの向上に伴って減っているからです。

1冊当たりで100円安くても、ブックオフ買い取りのほうが安心できるからといってネット買取
を希望するといったケースは珍しくありませんし、信頼がないという問題は買取価格を上げても
そう簡単には解決しないものです。

そこで、インターネットで集客して買取サイトから古本を仕入れるためのプランとアクション
池野さんがマニュアルにまとめました。

それが「古本買取サイト運営マニュアル」です。

このページの先頭へ